ピエトロは「おいしさ」と「健康」を追い続けます。

文字サイズ

社員インタビュー

Voice.02 久島 武 製造部/1997年入社

創業社長に味作りを一から教わり
アメリカの現地生産に
一から携わったことが
自分を大きく変えてくれた

これが私の仕事

創業以来続くピエトロドレッシングの
「味」と「独自の製法」を守る
責任ある仕事

ピエトロの工場には第一と第二の二つの工場があり、主に第一工場ではドレッシングの製造を行い、第二工場では市販用のパスタソース及びレストラン業務用の製造を行っています。それぞれの情報を共有しながら計画、指示、管理などを取りまとめるのが私の仕事です。主にドレッシング製造に従事していますが、創業以来続いているピエトロ独自の製法と味を守るため、責任者として、原料の吟味や製品の出来栄え、日々の官能検査、作業工程の管理を徹底できるよう指導しております。また時間が許す限り現場に入って、環境チェック(製造工程、原材料確認、安全衛生、改善すべき事柄)を行っています。

だからこの仕事が好き!

若手社員に
たくさんのチャンスがあり
仕事へのプロ意識と
楽しさを知ることができる

入社してから現在に至るまでずっと製造に携わっていますが、入社当時は、意味も分からず作業を行っていたこともあり、「こんな事をしていていいのだろうか」と悩んだりしましたが、のちに上司から、一つ一つの作業に意味や付加価値がある事を教わり、考えが甘かった自分を懐かしく思い出します。仕事に自信がついてきたころ、創業者である村田前社長と一緒に味作りの仕事をする機会があり、そこで一つの味が完成していく過程にやりがいを感じ、仕事に対するプロ意識が芽生えました。その後、アメリカ現地生産のプロジェクトが発足した際にメンバーとして選任され、新たなチャレンジに不安を抱えながらも、原材料の選定から味作りまで、一から携わり、現地生産が実現出来たことは私にとって最大の達成感であり、この経験が自信となり自分の成長に繋がりました。このように、若いうちからたくさんのチャンスがあることがピエトロの魅力の一つだと思っています。

ズバリ!働く人から見たピエトロの魅力

魂を込めた「おいしいものづくり」

ピエトロは魂を込めて「おいしいものづくり」を実践している会社です。創業者の村田前社長が築き上げてきた、妥協しないものづくりを続けていることは何よりの魅力です。そして、お客様から「いつもおいしいね」という言葉を頂けることは、ピエトロの社員全員が感じている喜びでもあります。

これまでのキャリア

1997年4月
入社
1998~2010年
製造部へ配属
製造部内のあらゆるセクションで下積みを重ねる
2010年10月
管理職となり、製造管理業務に携わる
2017年 4月
製造部 部長となる

休日の過ごし方

休日は、趣味でバスケットボールのクラブチームで汗を流すなど、運動に励んでいます。
また、車でドライブしたり公園に行ったりと、気分転換も含め家族と外出するようにして過ごしています。