ピエトロは「おいしさ」と「健康」を追い続けます。

文字サイズ

社員インタビュー

Voice.04 加来 聡子 ブランディング事業部 販促企画室
/2000年入社

ピエトロブランドの原点は
お客様に「おいしい」と
言っていただくこと
そのために何をすべきかを
いつも考えています

これが私の仕事

ピエトロの「おいしさ」を
お客様に“目に見える”ようにして
お届けする

商品やメニューの企画からはじまり、百貨店やスーパーの店頭で商品を販売する・レストランでメニューを実施するためのあらゆる準備をし、販売・実施後はその商品やメニューのファンになってもらえる販促を行うのが私の仕事です。新商品であれば、パッケージデザインやネーミング・店頭ツールの企画制作・キャンペーンの実施などに携わり、レストランの新メニューであれば、撮影やメニューブックデザインを通して、ピエトロのおいしさを“目に見える”ようにしてお客様にお届けすることを意識しています。

だからこの仕事が好き!

ピエトロの「おいしさ」を
どのように表現するかをゼロから考え
形にすることができる

ピエトロのシェフが生み出す「おいしさ」をどんなパッケージで、どんなネーミングで、どんなメニューブックでお客様に伝えたらいいかをゼロから考え、ひとつずつ積み上げて、形にしていきます。膨大なエネルギーがいりますが、形になったものが実際に店頭に並び、お客様がご購入くださったり、メニューをご注文いただき「おいしい」と喜んだいただけた時に、ピエトロの「おいしさ」をお届けできた実感があり、何よりのやりがいになっています。

ズバリ!働く人から見たピエトロの魅力

新しいことに
どんどんチャレンジできます!

新しい企画や提案に対して、その意義や価値を認めてもらえれば、前例に捉われることなく実施できます。挑戦し続けることを後押ししてくれる社風が魅力です。

これまでのキャリア

2000年4月
入社
2001年~2016年
ブランディング室、販促企画課などを歴任
※ピエトロブランドを維持向上させる仕事に従事
2017年4月
ブランディング事業部 販促企画室長となる

休日の過ごし方

読書・映画鑑賞・料理 おいしいものを食べることが何よりの楽しみです。