ピエトロは「おいしさ」と「健康」を追い続けます。

文字サイズ

先輩の声

Voice.12 松田 詩織 宣伝広報室
/2011年入社

これが私の仕事

広報業務及びWEBディレクション担当

広報担当として主に、新聞や雑誌、テレビやラジオ、webといったメディアへ、自社の商品・レストランの新メニュー・会社の取り組みなどの情報発信を行い、その結果、依頼を受ける取材に対応しています。自社に関する全てのことはもちろん、他社の情報や消費者動向など、様々なことにアンテナを張り、トレンドも把握しておかなければならないので、学ぶことの多い毎日です。それでも自分が発信したことが、テレビやラジオで放送されたり、新聞や雑誌の記事に掲載されることで、ピエトロブランドが拡がり、ピエトロファンが増えていくことに、とてもやりがいを感じます。また、自社ホームページ・SNSのディレクション業務では、ピエトロの最新の情報をたくさんの方に知っていただけるよう、常に各部署からの情報を収集し、発信しています。

だから
この仕事が好き!

自分が受けた取材が、
実際にテレビで放送された時

入社7年目、広報を担当して3年目になりたての頃、あるテレビ局からピエトロの創業者についての取材依頼がありました。「ピエトロの歴史、創業時のピエトロドレッシングの作り方、創業者の想いなど、様々な角度から詳しく紹介したい」との依頼だったのですが、私自身「一般社員でも知らない、細かいところまでしっかりと伝えたい!」という強い想いがあったため、まずは私が社内で取材を行いました。創業時から働いている社員や各部署の担当者に、社員でも知らないようなエピソードを教えてもらい、それを資料にまとめディレクターに説明。3時間を超える撮影を実施しました。結果、番組内で約10分間も紹介していただくことができました。たくさんの視聴者の方に、新しい視点からピエトロのことを知ってもらうことができ、とても嬉しかったです。

ズバリ!
私がこの会社を
選んだ理由

会社や社員の方々の雰囲気に魅力を感じて

ピエトロに入社を決めたのは、会社や社員の方々の雰囲気に魅力を感じたからでした。私が就職活動を行っていた頃、ちょうど「就職氷河期」と言われる時代で、どちらかと言えば学生は弱い立場にありました。そんな中、ピエトロの選考では私のことを“学生”ではなく、一人の“人”として見てくれて、選考の際はどの社員の方にも、いつも気遣いの言葉をかけてもらいました。ピエトロを一言で表すと「温かい会社」。入社してみて、自分の判断が正しかったことを実感しています。若手にも活躍の場がたくさん与えられ、責任ある仕事を任せてもらえます。それを部署内外の上司・先輩が支えてくれるという社風は、若手社員がのびのびと働ける環境に繋がっています。

先輩からの
就職活動アドバイス

自分がどんな仕事をしたいのか、社会人として何ができるのか、しっかり考えていろいろな企業と向き合ってほしいと思います。給与や福利厚生なども大切ですが、それ以上に、その企業で自分がしたいことをでき、なりたい社会人になれる企業かどうかを見極めることも大切です。就職活動は終わりが見えず不安に思うことも多々ありますが、自分を見つめる良いチャンスです。周りの人と励ましあいながら自分の信じる道を突き進んでください!

これまでのキャリア

2011年4月
入社
2012年10月
研修終了後、食品西日本営業部 西日本営業推進課に配属
2014年4月
販促企画室に配属
2015年4月
宣伝広報室に配属

休日の過ごし方

家でのんびり過ごすことも好きですが、定期的に友人や家族と旅行に出かけ、様々な土地のもの(特に食べもの)に触れ、見聞を広めています。
旅にはたくさんの発見があり、とても楽しいです!